サーバが見つかりません

他人のテンションを上げたい人間・裸野O様がいろいろ考えるブログ 

TBSラジオ マイナビLaughter Night 2016年12月収録分〈夜の部〉観覧

TBSラジオ マイナビ ラフターナイトの2016年12月収録分〈夜の部〉を見に行った。私は、このラジオ収録にもうけっこうな回数足を運んでいるのだが、感想を書くのは初めてだ。

 

このラジオ番組を知らない人のために内容を超ざっくり説明すると、ラジオ版オンエアバトルだ。観覧者が、お笑い芸人たちのネタを見て投票し、投票数の多かった人たちがラジオでオンエアされるというものである。

なお、放送日は、毎週土曜日の24時~24時半(TBSラジオにて)。

 

 

 

今回も、司会(ナビゲーター)のTBSアナウンサー・皆川玲奈嬢は「どや! キー局のアナウンサー様やぞ! かわいいやろ! どや! 下々の者よ、ナマで女子アナ見られて嬉しいやろ! どや!」という自信に溢れ、輝いていた。

 

一方、出演陣のお笑い軍団は「ぼくらって、どないっすか? 面白いっすか? どうっすか?」という不安感を漂わせながら舞台に立っていた(ように思う)。

 

出場者とそれぞれに対する感想(っていうかメモ)は以下の通り。

なお、偏差値を付けたのは私ではなく、同伴者が投票用メモ用紙に記入していたもの。

 

1:ジャイアントジャイアン 浅井企画 偏差値:50

「見送るシーンの練習をする」というネタ。番組出場8回目

 

2:ゴッホ向井ブルー 松竹芸能 偏差値:30

広島カープネタ、フィリップ芸。

女子にウケそうなアンニュイ、フェミ男(←死語)な雰囲気(&芸名)なのに、広島カープネタという聞き手を選ぶネタのチョイスにギャップあり。女ウケを狙うのか、カープ好きおじさんを狙うのか、どっちかはっきりさせた方がいいかもしれない。正直、カープのことがわからないので、ポカーンとなった。後ろの方の席にいたから、フィリップが見えなかった。あと、ラジオだとそもそもフィリップ見えない。再考を。

 

3:ロマン峠 人力舎 偏差値:60

オレオレ詐欺をネタにしたコント。出場2回目。

 

4:おとぎばなし 人力舎 偏差値:65

男女コンビ。華がない。事務所内恋愛NGというネタ。

とにかく地味。童貞と処女のコンビだそうだが…それがネタにまったく活かされてない。

童貞と処女の妄想対決とかにした方がもしかしたら面白いかもね。しらんけど。

 

5:エル・カブキ マセキ芸能 偏差値:70

リオオリンピックの思い出ネタ。細かくボケて来るし、表情や動きではなく話芸で勝負しているので、ラジオで放送したときに伝わりやすいと感じた。

が、MCが長すぎるので偏差値から5引こうかと思った(と、一緒に行った人が言っていた)。

 

6:カラフルトランプ トゥインクルコーポレーション 偏差値:60

美女を誘おうと思うが、自信がないというネタ。出場6回目。

 

7:TEAM近藤 吉本 偏差値:65

ガソリンスタンドで働くドンくさい女のコント。出場3回目。

とにかく声が大きく元気いっぱい。古き良き時代のお笑い芸人って感じ。吉本っぽい。

が、MCが下手。本来の彼はステージ上で見せるような明るい面白キャラでもないんだろうなぁ~と思った(繊細そう)。

 

8:ニコ ニュースタッフプロダクション 偏差値:60

キモトさんにブレーキはない…というネタ(←まったく伝わらない説明だなぁ)。出場2回目。

なんだか知らないプロダクションの人たちだが、とにかくネタを考えすぎていて、ストレートな面白さがなくなってしまっている。TEAM近藤とは間逆の方向性。

 

9:はしこばし トゥインクルコーポレーション 偏差値:75

献血おじさんネタ。初出場。

スーツ姿で地味な二人の変態ボケ。

 

10:ヨコハマホームラン 吉本 偏差値:60

男女コンビ。ハゲと若い女性。12月31日に解散するとのこと。小さいハゲに曲者ぽさを感じた。なんとなくですが。

 

11:やさしいズ 吉本 偏差値:70

デスメタルバンドのネタ。

面白いのだが、ネタの内容が、某有名漫画と同じですよねぇ、と思った。

 

12:わらふじなるお 偏差値:65

布団販売ネタ。

MCコーナーで、12月末で解散するヨコハマホームランを「解散するならオンエアする必要がない」といじめていたので、大変印象が悪かった。なぜ、客の前でほかの人たちをいじめるのだろう? わらふじなるお側にも、ヨコハマホームラン側にもメリットが1つもない。わらふじなるおが焦っている気持ちもわからんではないが、気分が悪くなった。偏差値65を付けたが、ヨコハマホームランをいじめたので、実際の偏差値は55だ。イベント終了後の同伴者との話題は「わらふじなるお、感じが悪い」で持ちきりに。いや、本当に人前でひとをいじめるのは止めてほしい。

 

13:東京ホテイソン 偏差値:65

病名を告げる医者ネタ。

つっこみがおおげさ。

 

14:ペンギンズ サンミュージック 偏差値:75

兄貴とノブオというネタ。

キャラが完成されており、一番安心して見ていられた。おもしろ荘に出るらしいが、納得。が、MC長すぎる(逆に言えば、アドリブがきくということか)。

 

15:アイロンヘッド 偏差値:65

野球ネタ。応援歌がバラード。オチが弱い。

 

16:ネコニスズ タイタン 偏差値:50

円周率ネタ。ボケ弱い、MC下手。

 

17:シティホテル3号室 偏差値:60

ゼクシィネタのコント。

 

18:ダンシングヒーロー ソニーミュージック 偏差値:80

森を歩くと霊に会う…というネタ。後半にいくにしたがって、ボケが多くてよかった。

大柄な男と小さくなったジミー大西みたいな人のコンビ。

 

19:だーりんず ソニーミュージック 偏差値:65

自殺志願者を止めるおじさんのコント。ネタ、考えすぎである。

 

20:コル マセキ芸能 偏差値:70

カニの絵描き歌というネタ。

夜勤明けで遅刻してきた。私は、どのような理由であるにしろ遅刻してきたということでマイナスだなと思っていたのだが、同伴者は「夜勤なら仕方ない。遅刻してきたことで、のっぴきならない表情になっており、ネタも面白かった。遅刻してきたグループを出場させてやるTBSラジオ(つーか、マイナビLaughter Night)は、おおらかで良い」と高評価だった。

 

私が投票した5組

1:ジャイアントジャイアン

7:エル・カブキ

13:やさしいズ

16:ペンギンズ

20:ダンシングヒーロー

 

一番良かったのは、16:ペンギンズ。やくざネタ、ヤンキーネタって普遍的な人気があると思うのだが、まあいろいろあってテレビでは最近あまり見かけない。が、彼らはうまいことやっていると思った。素人がものまねしやすいキャラっていうのも良い。アドリブもきくので、今後テレビで見かけるかもしれない(期待している)。

 

同伴者が投票した5組

11:はしこばし

12:ヨコハマホームラン

16:ペンギンズ

20:ダンシングヒーロー

21:コル

 

同伴者が選んだ一番良かったグループは、20:ダンシングヒーロー。「頭一つ分突き抜けてた」とまで言っていた。とにかく、ボケの頻度が高く、テンポが良かったとのこと。あと、同伴者はわらふじなるおの、ヨコハマホームランいじめに対してどえらい怒りを感じたらしく「わらふじなるおは、面白いのにヨコハマホームランをいじめるから投票しなかった」と言っていた。

 

と、いうことで、なぜかお笑いの感想を書くと上から目線になってしまうので面目ないと思っているのだが、無料で楽しい気持ちにさせてくれるラフターナイトの出演陣&制作の方々には大変感謝している。

 

f:id:auaiioi:20161224192234j:plain