読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーバが見つかりません

他人のテンションを上げたい人間・裸野O様がいろいろ考えるブログ 

AV女優って、自称アーティスト率が異常に高い気がする

このブログの読者のほとんどは、森下くるみの結婚、妊娠、出産ネタを求めてきていらっしゃるようなのですが、くるくるに関する新鮮なネタは、やっぱりご本人のブログが一番早いはず。ってなことで、「森下くるみのブログ 森下くるみの間」のリンク貼っておきます。

 

子供を産んでも特上かわいいくるみんを、みんなで応援しよう♪

blog.livedoor.jp

 

ところで、AV女優って、「シンガーソングライター」や「作家」「歌手」「現代美術」(コンテンポラリーアート系AV女優って、晶エリーくらいしかパッと、思い浮かばないが)とか、自称もしくは目指している人が異常に多い気がするんだよねぇ。

晶エリー akiraelly(大沢佑香・新井エリー)の weblog - ライブドアブログ

気のせいでしょうか。

 

AV女優がアーティストを名乗る理由を推測する。

1:AV女優は世間の価値観からずれている。そのズレを有効活用&昇華させる手段として、アート活動をすることが一番良い。

そもそも、世間の価値観に馴染んでいたら、わざわざAV女優にはならないと思うんですよ。デメリット多いし。だのに、あえてAV女優になっているような勇者型のお嬢さん方は、その考え方の特異さ、感性の豊かさを利用して芸術家を目指すのではないかと。ま、アートなら全裸になっても恥ずかしくないしね★

 

2:自己顕示欲を満たしたい。

 

女性って、「お金のために働いてます」って言うのってダサい、格好悪いって風潮があったりするんですよ。いや、女全員ってわけじゃないっすよ。一部女子は、カネのために働くわけではなくて、自己実現のためや自分をキラキラさせるために労働するんです。ですから、カネのためにAV女優になったのではなく、「AVってどんな世界なんだろうって、興味があって。セックスってアートだと思うんです」とかって理由付けをする。けっして、カネのために脱いだんじゃない、絡んでるんじゃないと言い訳を(自分に)与える。そして、そんな自分を周囲の人間にも認めてもらいたいと思う。女子にとって、アートって魔法の言葉なんっす。

 

3:AV監督を始め、AV界隈にはアーティスト崩れのスタッフが多い!?

 

ま、これは推測に過ぎないのだけれど、AV監督を含めAV業界のひとってアーティスト崩れの人が多いんじゃないかな。そいで、そういう人たちのアート論、サブカル話みたいなものを聴いているうちに、アーティストになりたい欲求を持つ素直なAV女優がいそう。基本、AV女優って押しに弱くて素直な娘っこじゃないとならないので。性格良いお嬢さんが、自分の知らないちょっとインテリ風味のアート論をAV関係者から聞かされたら、コロっとイっちゃうんじゃないかな。ま、想像ですが、想像。

 

ということで、AV女優とお近づきになりたい男子は、AV女優のやってるアート活動をとことん研究して、その芸術活動に理解を示し、褒め(注:AVの話はしなくていいと思うぞ)、さらに自分も何か作品作りを行い、そこに出てもらえるように口説けば、仲良くなれる可能性があるぞ。

 

アーティスト系AV女優へのアプローチ例:「僕、今度映画を自主制作するんで、出演してもらえませんか」とか。「僕の作ってる同人誌に、連載してもらいたいんですけど」とか。ツイッターとか使って、なんとかなんないかなぁ。ガード固いかなぁ…。

 

アート系AV女優と仲良くなるためには、とにかく、エロ方向からじゃなく、アート方向から攻めるのじゃ。どう、この作戦? ちょっと、誰か実行してみてほしいよ。あ、もちろん芸術方向の知識はちゃんと入れておいた方がいいと思います。