サーバが見つかりません

他人のテンションを上げたい人間・裸野O様がいろいろ考えるブログ 

『モンスター 尼崎連続殺人事件の真実』 (講談社+α文庫) 感想 一橋文哉の正体とは?

角田美代子の家族乗っ取り虐殺事件の内容が詳細に記されている。自分がこういう状況に置かれたらどうするかなあと考えながら読むと怖さ倍増である。

なぜ、家族ごと洗脳されてしまう人たちがいるのだろう?という疑問への明確な答えは書いてないのだけれど、問題解決能力が極端に低いとトラブルに巻き込まれたとき脱することができないような気がした。問題を解決できない人間は、目の前の状況に対して、ただ反応しながら生きるだけになってしまう。

暴力を受けると、思考停止してしまうのは人間の防衛本能だろうから、自分が同じような立場に置かれたら、暴力で支配される前に、とにかく逃げようと思った。

 

一橋文哉の正体については、毎日新聞記者の広野伊佐美って出てくるね。

ノンフィクション系作家って、取材費とか本が出ない間の生活費とか、どうしてるのかすごい謎なんだよねえ。本って出してもたいして儲からないしさ。どうなってんのか知りたい。

 

余談だけれど、この本、キンドルバージョンも出てたんだな。

今度から、本は電子で買おうかなあ。中古本って本当に今年に入って売れなくなったと感じるよ。前は、紙の本買って、読み終わったらアマゾンで販売してたんだけど、あまりにも売れないから、もうすべて新刊はキンドルにしたほうが部屋がすっきりしそうだよ…。