読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーバが見つかりません

他人のテンションを上げたい人間・裸野O様がいろいろ考えるブログ 

新宿・宇宙村景山八郎氏に会いに行った話

東京新宿、知る人ぞ知るお店、宇宙村に行った。

景山八郎という、鳥取県境港が生んだ二大妖怪のうちの、ひとりが営むお店だ。(二大妖怪のもうひとりは、言わずと知れた水木しげる先生である)

 

日曜日だというのに、客は皆無。景山氏がひとりで店番をしていて、とことこ入っていくといきなり、セクハラ質問をされまくりました。

「あんた、週に何回くらいセックスしてんの? 私は80歳だけど、毎日76歳の妻とやってるよ」

「セックスのとき、声出してる?」

「声、出さないとダメだよ。頭の上から声出して」

「子宮をもっとあたためなさい」

「ねぇ、セックス好き?」

ずーーーっと下ネタ。

隕石触らせてもらったよ。隕石って重いのね。

ちなみに、隕石はアフリカから仕入れをしているそうです。隕石を5万円分くらい買って、ペットボトルに水とともに入れて、その水を飲むと万病にきくらしいです。

 

景山氏は、天文学者とか公務員とか、各種職業を経て、宇宙村の村長になったそうです。新宿のわりと家賃の高そうな場所に店舗をかまえるにいたったか、隕石パワーの具体的な効用とか、もっと聞きたかったのだが、店内にたった一人で、ずーーーっと、下ネタ質問ばかりされ、微妙に体を触られて、引いてしまい、深堀できなかったよ。

 

女性は、複数で行ったほうがいいかもしれません、宇宙村。景山氏は、80歳にしてまだまだ現役です。