サーバが見つかりません

他人のテンションを上げたい人間・裸野O様がいろいろ考えるブログ 

uberウーバー使ってみた(アメリカで)。体験談、感想と評判

ゴールデンウィークにアメリカへ行った。

で、UBERを使ったので感想を書きたい。

 

ウーバーを知らないお方は、以下参照のこと。

 

 

Uber

 
 
ウーバー
Uber Technologies Inc.
Uber logo.svg
種類 非公開
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州 サンフランシスコ マーケット・ストリート1455番
北緯37.775778度 西経122.418035度座標: 北緯37.775778度 西経122.418035度
設立 2009年3月
業種 運送業
事業内容 タクシーハイヤー
代表者 トラビス・カラニックCEO
売上高 20億ドル(約2261億円)
関係する人物 トラビス・カラニック(CEO)
ギャレット・キャンプ
外部リンク uber.com
テンプレートを表示

Uber(ウーバー)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである[1][2]。現在は世界58カ国・地域の300都市で展開している[3][4]

 

 

概要[編集]

Uberは2009年3月にトラビス・カラニックとギャレット・キャンプにより設立。2015年の予約売上は108億4000万ドル(約1兆3000億円)と推定されている。

特徴としては、一般的なタクシーの配車に加え、一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ仕組みを構築している点で、顧客が運転手を評価すると同時に、運転手も顧客を評価する「相互評価」を実施している。世界では、タクシーにおいて「領収書を発行しない」「タクシーメーターを倒さず、法外な料金を請求しボッタクる」といった問題が多く起こっていることから、これらの問題を回避し、さらに車両オーナーにとって「簡単な小遣い稼ぎ」ができる点が受けている[5]。しかし、既存のタクシー業界からの反発も根強く、訴訟や運輸当局から営業禁止命令を受けた国、地域もある。

日本では、2013年11月より台数限定でのトライアルサービスを行い、2014年8月より東京都内全域で本格的にタクシーの配車サービスを開始[6]2015年2月には、福岡市において諸外国同様に一般人が自家用車で運送サービスを行う「みんなのUber」のテストを開始するが、国土交通省から「自家用車による運送サービスは白タク行為に当たる」として、サービスを中止するよう指導が入り、同年3月にサービスを中止した[5][7]

2015年10月4日、リサイクル可能な衣類を回収して東北に届けるというチャリティーイベント「UberRECYCLE」を開催した[8]。イベント期間中、対象エリア内でウーバーのアプリを開くと、配車に加え「RECYCLE」メニューが出現し、前日に講習を受けてドライバーアプリをインストールしたボランティアドライバー(一般人)が自家用車で向かい、衣類を回収するというもので、ウーバードライバーの体験ができた[9]。同年10月20日、国家戦略特区諮問会議で、安倍晋三首相は「過疎地などで観光客の交通手段として、自家用自動車の活用を拡大する」と述べ、一般の人が自家用車で有償送迎する「ライドシェア(相乗り)」を可能にする規制緩和を検討するよう指示した[10]が、対象は地方を中心とする国家戦略特別区域であるため、日本で一般ドライバーによる、本来のUberサービス開始時期は未定である[9]

脚注[編集]

  1. ^ Rusli, Evelyn (2014年6月6日). “Uber Dispatches trips”. Wall Street Journal2014年11月7日閲覧。
  2. ^ Goode, Lauren (2011年6月17日). “Worth It? An App to Get a Cab”. The Wall Street Journal. Dow Jones & Company
  3. ^ Where is Uber Currently Available?”. Uber.com. 2015年5月26日閲覧。
  4. ^ AMMAN, YOU ARE UBER'S 300TH CITY!”. Uber.com. 2015年5月26日閲覧。
  5. ^ a b 指導が入ったUber、交通弱者を救う? 日本で生きる道は - 乗りものニュース・2015年4月6日
  6. ^ Uberが東京全域へエリア拡大、その次は? - 東洋経済オンライン・2014年8月5日
  7. ^ ウーバーの相乗りサービス中止 国交省「白タク、違法」 - 朝日新聞デジタル・2015年3月7日
  8. ^ アプリから衣類を寄付しよう – UberRECYCLEを10/4に開催”. Uber Japan (2015年9月25日). 2015年11月10日閲覧。
  9. ^ a b 井上 理 (2015年11月10日). “日本で「Uber」のドライバーをやってみた〜乗せる側に立って感じたこと”. 日経ビジネスオンライン. 2015年11月10日閲覧。
  10. ^ 自家用車「相乗り」可能に=安倍首相が規制緩和指示―特区諮問会議”. Yahoo!ニュース(時事通信) (2015年10月20日). 2015年11月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

 

要は、白タク行為を合法的にできるアプリがあって、アメリカではそれがかなり普及してるって話。

 

最近は、日本でも運用が開始されたらしい。

 

Uber、京丹後市で「自家用車タクシー」提供開始 過疎地の新たな交通手段に

Uberのシステムを活用した有料の配車サービスが京都府京丹後市でスタート。過疎地域での交通の利便性向上を目指す。

 配車アプリ「Uber」を展開するUber Japanは5月26日、同社のシステムを活用した有料配車サービス「ささえ合い交通」を京都府京丹後市で始めると発表した。過疎化・高齢化が進むエリアで、交通の利便性向上を目指す。

photo

 専用アプリからスマートフォンGPSで現在地を取得し、付近の登録ドライバーに配車を依頼できるサービス。連携するNPO「気張る! ふるさと丹後町」によると、同市では2012年から住民のニーズに合わせて運行するデマンドバスを運行してきたが、事前予約必須、乗車できる曜日や地域に限りがある――などの理由から、さらなる地域交通の充実を望む声が上がっていたという。Uberのシステムを活用し、市内のどこにでも移動したい時に利用できる運行代制を整える。

 運転手はNPOが主体となって募集。地元の一般人から、二種免許の取得など法定要件を満たした18人を選んだという。公共交通機関と違い、ルートや営業日の制限がなく、持続可能な運行方法の確立を目指す。

 Uberは世界450都市以上で展開しているが、日本では一般のドライバーが自家用車で送迎するサービスは、無許可の「白タク」行為にあたる。15年に福岡市で同社が行ったライドシェアの実証実験は、国土交通省の中止指導があり中止した(関連記事)。担当者によると、「福岡市のケースとは異なり、交通空白地におけるニーズに応えるサービスとして法定要件を満たし、認可を受けている」という。

 地元の住民以外に、外国人観光客の利用も想定。45の言語に対応し、クレジットカードによる決済機能を備える――などのアプリの特徴を生かす。「初日から、シンガポールの観光客がUberを利用した。地方創生のメリットもある」(担当者)。

 今後、過疎化・高齢化の同様の課題に直面する自治体と協力し、各地でサービスの展開を模索していくという。

 

実際、使ってみると、すげー便利。

UBERが便利だと感じたポイント1

アプリで呼び出し、すぐ来てもらえる(呼び出した場所の近くを流しているクルマがやってくる)。たぶん、タクシー呼ぶよりはやい。

 

UBERが便利だと感じたポイント2

タクシーより、格安。10分の1くらいか。今回、タクシーを利用してないからわからんが、UBERは安い。

 

UBERが便利だと感じたポイント3

クルマに乗り込む前に、目的地までの料金がわかる。クレジット決済だから、車内で

財布を出さなくていいので、なんとなく安心感がある。(特に、海外だから感じたメリットかも)

 

 

UBERが便利だと感じたポイント4

近所の自家用車持ちのおじさんが、お手軽に小遣い稼ぎできるサービスってところ。日本でもやればいいのに! 過疎地とかで、需要あると思うぞ。遠出できない年寄りとかがお客さんになってくれると思う(ただし、アプリの使い方を農協とかが音頭を取って指導する必要があるだろうな)

 

UBERが便利だと感じたポイント5

アプリが日本語表記。なお、プロモーションコードというものがあり、gdjyayz9ueを入力すると最大20ドルオフになるらしいぞ。