読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーバが見つかりません

他人のテンションを上げたい人間・裸野O様がいろいろ考えるブログ 

Kindleで電子書籍クズ本、はずれ本を見分ける方法

Amazonプライムの会員なので、キンドル本を毎月ダウンロードして読んだり、外出時の友として、電子書籍をちょいちょい購入している。

 

書店ウリの、まともな出版社から発行されている書籍と比べて、kindle本ってクズみたいな、粗悪な本がやたら多い。特にセルフパブリッシング系の本。セルフパブリッシングって、要は素人の書き手が誰のチェックも受けずに、勝手に値段つけてテキストを販売しちゃうってことなわけでしょう。

 

本当に、カネ払ってから「シット!!!!!!!!!!!」ってアメリカかぶれの山田詠美みたいな叫び声を何度上げたことか……(いや、ウソです。純粋日本人の私は、心の中でこっそり呟いただけですが)。

 

本当に、内容のない本が多過ぎます。

 

ということで、kindleでクズ本を買わないで済む方法をお教えします。

 

1:ゴマブックスの本は買うな。

ゴマブックス本は、ステマだらけ。

昔、転職活動中に、ゴマブックスの面接を受けたことがある。その際、社内の人間がふつうに「キンドルで上位を取るための施策をしている」と言っていた。具体的に、何をしているのかを聞いたら「それは言えない」とのこと。スタッフが、カスタマーレビューに書き込みをしているんだろうね。

 

まともな方法、例えば、「質の良い本を作って、売上を伸ばす」ってことで、上位を取れているんだったら、面接に来た程度の人間にでも言うと思うんだ。

 

2:セルフパブリッシング本は買うな。

無名著者のセルフパブリッシング本は、本当に誤字脱字、文章のレベルの低さ、内容のなさ、すべてがやばい。たとえ、100円の本であっても「お金と時間が無駄になりました」って気分になる。100円なら良いじゃないかって、思えない。もうちょい高くていいから、クズ本はなくしてほしい。

 

3:レビュー欄が五つ星だらけの本は要注意。

まったく聞いたこともないような作者の本なのに、★★★★★ばっかりのレビューが並んでいたら怪しい。怪しすぎる。特にビジネス本、金儲け本に多い。レビュアーの名前をクリックして、他の本にも評価を入れているか確認しよう。その本だけにしかレビューしてなかったら、そりゃステマ。うんざり。

 

4:長倉顕太の本は避ける。

出版社で編集者をしていた経験がある、多数のヒット作を出しているという触れ込みの長倉氏。で、読んでみたら、超クソ本。内容がない上、誤字多めの本を大量生産していてびっくらこいた。プライド、ないのかねぇ……。

 

 クソゲーを集めたり、悪趣味なものを愛好する性癖があったりするように、あえて、kindleクソ本を買うって、プレイもアリかもしれません。Kindleクソ本マニアの方は、「ゴマブックス」「セルフパブリッシング、自作電子書籍」「ステマだらけの本」「長倉顕太の本」をお買い上げになれば、かなり楽しめると思います。