読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーバが見つかりません

他人のテンションを上げたい人間・裸野O様がいろいろ考えるブログ 

警察24時的な番組を見ると、日本人の警察に対する信頼感の厚さに感動する

タイトルのまんまなのだが、けっこうしょっちゅうテレビでやってる

「警察24時」的な、警察密着ドキュメントを見ると、

日本人の警察に対する信頼感の厚さに感動する。

 

あの番組って、完全に警察の広報番組だと思うんだけど、あれほど成功している広報ってほかにあるだろうか。ものすごい完成度だと思う。広告効果にしたら何億円ぶんだよっていう。しかも、「警察24時」ものって、しょっちゅう放送されてんじゃん。コンテンツとしても強いんだろうね。ケーサツものって。

 

「警察24時」ものには、なんというか、5歳男児が日曜の早朝から見てる「戦隊もの」バリにわかりやすい「善」と「悪」の構図がある。いつでも警察は「善」で、とっつかまってる人は必ず「悪」だ。

 

あの圧倒的なわかりやすさが、「警察24時」の最大の魅力だと思う。相撲のルールくらいわかりやすい。

 

そして、あの手の番組見てたら、「警察、ありがたや~」って気分になるし、自分も何かあったら、110番しようって思う。

 

東南アジアのあまり豊かでない国なんかいくと、国家と国民に信頼関係ないし、警察はどうどうと悪事を働くし、市民は普通に、ポリスをディスってたりするわけよ。日本と全然違ってて、すべてが自己責任さ。

 

えらく違うなって、外国に行くと思う。警察24時的な番組は、日本という国の教育のうまさを感じさせてくれる良質なコンテンツだと思う。