サーバが見つかりません

他人のテンションを上げたい人間・裸野O様がいろいろ考えるブログ 

「女性はクルマの運転が下手」という声に応える! クルマの運転、上達法


 

私&世の中の女性の一部が、世間の男性から、「女性はクルマの運転が下手だ」と言われ続けてイクトセ過ぎたか。下手を指摘されただけで上手になるなら世話ない。下手な人ってのは自分がなぜ下手なのか、どうすれば上手になるのかを理解していないので、ただ、「下手だ」といわれてもどうしていいのかよくわからない。ヘタを指摘するなら、上手になる方法を併せて教えてほしいものだと思っていたが、上手になる方法を具体的に教えてくれた人はいなかった。

 

最近のクルマは本当に運転しやすい。駐車だってバックモニターが付いている上に、補助機能まであり、ハンドルから手を離した状態で車庫入れできるクルマなんかもある。クルマの操作自体は、まじ楽勝なのである。

 

それなのに、相変わらず「女性はクルマの運転が下手だ」と言われ続けるのはなぜか?

 

洗濯機や炊飯器の操作に、男女の能力差が関係しないように、クルマの運転にも男女の能力差なんて関係ないはずではないか。

 

なんてことをつらつら考えながら、クルマの運転をしていたら、ふとわかったことがある。

 

クルマの運転とは、自分が走っている道路全体のことをある程度把握し、全体だけでなく自分のクルマ周りの状況も同時に確認する必要がある。つまりクルマの運転には、チームスポーツのプレイヤーの視点が求められている。クルマって、一人で運転をするから、個人競技みたいな気持ちになってしまうのだけれど、実は団体競技なんだと気付いた。クルマの運転においては、自分だけがゴール(目的地)にたどり着けたらOKなのではなくて、道路を走るみんながちゃんとゴールできるように思いやりを持って運転するという「視点」が大事なんだ。

 

って、こんな当たり前のことになんで気付かなかったんだろう。

 

しかし、この「クルマの運転はチームスポーツ」という感覚を獲得してから、私はクルマの運転がわりとうまくなりました。

 

「クルマの運転が下手」と指摘されて、ご立腹中の方々はぜひ「クルマの運転はチームスポーツ」だということを留意されて運転されてみてはいかがでしょうか。視点を変えるだけで、運転はかなり上達します!