サーバが見つかりません

他人のテンションを上げたい人間・裸野O様がいろいろ考えるブログ 

ネットの害悪と少子化問題についてちょっと考えてみました

ネット中毒レベルで、サイト巡回ばっかりしている。ネット界隈を泳ぎまくって心底思うのは、インターネットの海にはネガティブ情報が多すぎるってこと。けっこうな割合で、ブログや掲示板がタン壷になってたりするわけです。ま、匿名で書けるし、書いたものを誰もチェックしてくれないし、無料で読めるし書けるし、人間、ひとりになればマイナス感情にさいなまれたりグチぐらい言いたくなるし、しょーがないっちゃしょーがないんだけれど。

そんなネット界隈の垂れ流し情報に触れまくっていると、自分まで毒されるわけですわ。

で、この「ネット界隈のネガティブ情報に毒される現象」の具体的な弊害として、たとえば少子化の進行があるんじゃないかと思う。ネット界隈で語られる「子育てつらい」っていうグチを読んでると、「子育てって大変なことばっかりなんじゃないか」と思ってしまう。

実際は、別につらいことばっかりじゃないんだろうけど、ネットで見かける情報はかなりの割合で「子育てつらい」になっちゃってる気がする。ネットというものが毒吐き場だからしょーがないんだろうけど。ネット界隈およびテレビなんかで盛んに「子育ては楽しい」「子育ては快楽」「子育て楽勝」「子育てに失敗なし」「子育ては絶対になんとかなる」「子育ては正義」みたいなスーパーポジティブ情報をガンガン流せば、少子化問題はわりと解消すると思うんっすよ、まじで。

グチを言ってはいけない、とは思わないけれど、もうちょっと互いが互いを盛り上げていけるような風潮ができたらいいなと思う。

先をゆく人が「この道は楽しい」と言わなければ、だれがその道を選ぶのだろう。と考えたら、やはりある程度、自分のゆく道を肯定し、盛り上がる言葉を発していくしかないのだと思う。ま、これ自戒を込めて書いてますんで、けっしてあなたに対する説教ではないです。

ということで、今年は自分と他人を盛り上げる人になります。