読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーバが見つかりません

他人のテンションを上げたい人間・裸野O様がいろいろ考えるブログ 

フリーターが、正社員になるために必要なこと。

 時給800円、月収13万円、38歳、独身女性。

 

 非正規雇用で働く、幾人かの女友達を眺めていて、気がついたことがある。

 

 彼女らはほぼ必ず

 

「残業なんてしたくない」

 

「長時間労働すると、体を壊しそうになるから嫌だ」

 

「でも、将来不安だから正社員になりたい。私は仕事ができる」

 

と語る。

 

 さらに、彼女らの人生観・仕事観を拝聴していくと、ことごとく

「努力嫌い」

な素顔が浮かび上がる。

 

 四十路を目前に控えて、非正規雇用での労働経験しかない女性の話をしみじみ聞いてみると、これまでに

 

「頑張った」

 

経験がないのだということに気付く。

 

 たいていの場合、彼女らは学生時代も自分のレベルに合った学校にそれとなく入学し、卒業後は非正規雇用で一応夢(タレント業であったり、海外永住に向けて語学の勉強であったり、彼女らの夢は何となく趣味性が強い)を追ってみた経験を持っている。

 

しかし、彼女らには「絶対叶えてみせる」というような強いガッツはない。三十路を迎えるころには諦め、派遣社員として世の中を漂うようになるのだ。

 

まあ、こういう

非正規雇用が嫌だ、正社員になりたいという人間は

・長時間労働

・徹底した努力

を、すればいいのだと思うよ。

 

 周囲の正規雇用で働く人たちは、みなこの2つの事項を甘受しているのだもの。

 

 ちなみに、徹底した努力とは、中小企業なら社内でトップになれるレベルの勤勉さを持てということ。中小企業クラスでなら、起きている時間のすべてを仕事関係に捧げれば、数年あれば必ずトップになれるYO!(経験談)

 

 具体的には、休みの日や仕事終了後の時間を、仕事に関連した書籍を読んだり業界の動向を調べたり、今後、自社にとって役立ちそうなサービスやアイデアを考えることに使えば良いってことです。

 

 なんで、そんな当たり前のこともせずに、非正規雇用の立場のままで文句だけ垂れ流しながら、四十路になろうとするのだろうね。

 

 不思議だな。