読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーバが見つかりません

他人のテンションを上げたい人間・裸野O様がいろいろ考えるブログ 

森下くるみの生育歴に、ド底辺感が漂うことに驚く…kindle本『虫食いの家』感想、評判、あらすじ、内容 その1

森下くるみファン必読! くるくるの自伝風エッセイ『虫食いの家』がキンドルで出たぞ! ということで、早速ダウンロードしてみた。何回かにわけて感想を書いてみたいと思う。 このキンドル本、森下くるみが育った家庭環境や家族のことが綴られており、おエロ…

『モンスター 尼崎連続殺人事件の真実』 (講談社+α文庫) 感想 一橋文哉の正体とは?

角田美代子の家族乗っ取り虐殺事件の内容が詳細に記されている。自分がこういう状況に置かれたらどうするかなあと考えながら読むと怖さ倍増である。 なぜ、家族ごと洗脳されてしまう人たちがいるのだろう?という疑問への明確な答えは書いてないのだけれど、…

『好きなように生きる下準備』中川淳一郎 感想 評判 あらすじ

中川淳一郎の人生相談本。すべての相談事に対して「仕事を糞頑張れば人生なんとかなる!」とど根性で答えている。回答の中に、中川氏の経験談が織り込まれているのだが、相変わらずロマンチストでセンチメンタルな人柄が読み取れて面白い。10年間で10日…

『仕事に能力は関係ない。27歳無職からの大逆転仕事術』(中川淳一郎著・KADOKAWA)あらすじ感想評判

『仕事に能力は関係ない。27歳無職からの大逆転仕事術』(中川淳一郎著・KADOKAWA)あらすじ感想評判 【ざっくり過ぎるあらすじ】 中川淳一郎が、博報堂を27歳で退職し、フリーとして大活躍するまでを書いたスーパーエッセイ。「振られた仕事は…

『ネットのバカ』(中川淳一郎 新潮社)を読んだ。感想、あらすじ、内容  

『ネットのバカ』(中川淳一郎 新潮社)を読んだ。感想、あらすじ、内容 【あらすじつーか、内容】 ネットニュース編集者・PRプランナーである中川淳一郎氏が、ネット界隈のバカを実例付きで紹介している本。WEB業界が、盛って盛って作りあげたドリーミ…

Kindleで電子書籍クズ本、はずれ本を見分ける方法

Amazonプライムの会員なので、キンドル本を毎月ダウンロードして読んだり、外出時の友として、電子書籍をちょいちょい購入している。 書店ウリの、まともな出版社から発行されている書籍と比べて、kindle本ってクズみたいな、粗悪な本がやたら多い。特にセル…