サーバが見つかりません

他人のテンションを上げたい人間・裸野O様がいろいろ考えるブログ 

森下くるみの子供は、男の子らしい

 

 

 

月収I00万円ライターにはなしを聞いたら、もやっとした

f:id:auaiioi:20161014173027j:plain

 

某所で、I00万円(←検索避けのために、へんな表記になってます)のWEBライターに、質問できる権利を3ooo円で買った。

 

ほんと、こういうカネの使い方はやめようと思っているんだが、なんかつい買っちゃうんだよね。でも、日ごろ慎ましやかに暮らしているし、特にカネ使う場所もないし、ま、いっかなと、ポチッたわけよ。コミュニケーションをカネで買ったと思えば、安いやすい(良い鴨!)。

 


その人は、某有名国立大学を出て有名企業でエンジニアだかなんだかしてたけど、
心の病気になって辞めて、ライターになったらしい。
 
「原稿は調べつくして書いています」というので、「調べつくすとは、どういうことでしょうか? ネット情報をリライトするということでしょうか」
と聞いたら、「リライトではありません。オリジナルのテキストです」と回答がきて、
「では、専門知識を深めるために、どのような勉強をしていますか?」と質問したら
「自分の専門ジャンルについては、過去に調べつくしていて、今は何も調べずに
書いています。仕事が勉強ですから、特別な勉強はしていません」という答えが。
なんか、めっちゃもや~っとした。調べてすらないのか。それとも、勉強方法を教えるのがイヤなのか。
 
90分間で2回も、「高額案件を流してくれるクライアントのリスト2万円で売るから買わないか。このリストがあれば月に45万円は儲けられるよ」と持ちかけられた。
 
そのリスト買っても、あなたと私の知識が同一じゃないんだから、受注できるかどうかわかんねーし、意味ねーだろ、と思った(が、もちろん言わなかった。心の病の人を怒らせたら、めっちゃ怖いことになるってことを私は、精神を病んだ身内と、世間でよく起こる事件の数々から学んでいる)。
 
すべてがこの調子で、核心部分は教えてくれない。もや~、もや~とし続ける90分間だった。
 
こころの病の人だから、儲けている額ももしかしたら妄想なのかなぁ。と、ちょっと思ってしまった。
ooo円なんだから、こんなもんか?
 
ということで、月収1oo万円の人に話し聞いても、なんも得るものはないよ。その人自身、ブログに、「カネの稼ぎ方は、誰も教えてくれない」と書いている。自己矛盾をおこしてますな。
 

f:id:auaiioi:20161014173027j:plain

世の中、なにごとも甘くはないのだ!
 
 

息子は強姦魔…高畑淳子から漂う、ダメンズメーカーとしての才能

 息子が強姦容疑でつかまるなんて、なかなかない経験の真っ只中にいる高畑淳子。彼女の会見を、ワイドショーで見たよ。

 

 あの状況の中で、あれだけ落ち着いてマスコミからの質問にすべて答えるなんて並大抵のことではない。本当に彼女は強く、聡明な女だと感じた。

 

 これまでの人生、ずっと独りで戦い続けてきた女なんだなということを、強く感じさせられた。

 そして、彼女は、今回の経験すら、芝居のこやしにしてしまうんだろうと思う。

 高畑淳子って、そういうどん欲な女なんだと思う。なんつーか、かんつーか、売れっ子の表現者って、なんやかんやで営業能力が高いっていうか、要は顧客視点を持っていて、お客さんが求めているイメージを具現化する能力に長けてるわけじゃん。客の求めるイメージを具体的に表す力って、客観性を持って自分を眺められるってことなんだと思う。

 

で、高畑さんって

とんでもない客観性を持った人なんだなと感じたんだよね、会見を見てて。

 

 息子がレイプ魔として逮捕されるなんてさ、普通だったら泣き喚いて取り乱して、何にもできなくなってもおかしくないかもよ、親なら。けれどさ、高畑さんは、カメラの向こう側にいる一般人が、納得するだろう答え、さらに言うなら、高畑さん自身に同情の声が寄せられるだろう受け応えを見事にやってのけた。ドラマのワンシーンみたいに完璧だったよ。見てるうちに、私も貰い泣きしそーになったし。

 

 私は、高畑淳子さんのことを、バラエティ番組でしか見たことなかったけど、芝居している彼女のことも見てみたいなと思いましたよ。同じように感じた視聴者ってけっこう多いんじゃないかな。

 

 

 さて、そんな高畑さんだが、彼女の全身からは抑えきれないダメンズ製造機(ダメな男を作り出す才能に長けた人)の香りが漂っていた。私が普段から感じているダメンズ製造機の要素を書いてみたい。

 

 1:ダメンズ製造機の女は、いつでも一生懸命。

ダメンズメーカーの女は、仕事も恋も一生懸命。あまりにも頑張り過ぎるので、誰にも到達できないような高みに達することもある。高畑淳子女史の会見風景も、一分の隙なく必死であることが伝わってきた。

 

 2:ダメンズ製造機の女は、寛容。

ダメンズを生み出す力のある女は、男のダメさ加減に対して、かーなーり寛容である。「結婚相手の年収は1000万円以上!!!」「無職の男なんてアウト・オブ・眼中(死語)よ!」なんてことは言わない。なんだったら、無職の男と付き合うor結婚すらアリ。「人間の良さは職業なんかでは決まらない」とか言い出したりする。そりゃそーなんだけど、心が広い女って、結構、おとこで苦労してる。

 

高畑さんは、かなり心が広そう。広くなけりゃ、女優なんて不安定な仕事で子供2人を養おうっておもわねぇーだろ。

 

 3:ダメンズ製造機の女は、自己責任論を好む。ついでに、なぜだか他人の罪まで被ろうとする。

 

ダメンズ製造機の女は強い。だから何でも自己解決したがる。誰かに甘えたりしない。なんでも自分でやる。高畑さんは、当然、自分のケツは自分で拭くタイプだが、なぜかしらんが息子のケツまで拭いてやろうとしている。おいおい、他人のケツまで拭く必要はないんだよ…。

 

 うーん、高畑淳子が、近い将来「婦人公論」で瀬戸内寂聴と語り合う姿が霊視できるよ…。ああ、寂聴よ、高畑淳子さんを4649なり…。

 

 

タイトルだけが真実!?出演・佐村河内守、監督・森達也。フェイクな2人の映画「FAKE」を見た。感想、あらすじ

f:id:auaiioi:20160819225519j:plain

 

f:id:auaiioi:20160819225533j:plain

出演・佐村河内守、監督・森達也、映画「FAKE」を見た。感想、あらすじ

 

特にこれといって、筋書きはない。

あのゴーストライター騒動で名をあげた(?)佐村河内守の、その後を追っただけのドキュメンタリー風映画である。

【わかったこと】

佐村河内氏は、誰かと会話をする際には、妻に手話通訳をさせる。

私は、手話ができるのであえて書くが、

妻の手話は、指文字が多く、本当に聴覚障害のある人やその関係者が使う手話とはちょっと違うかなと正直、思った。

佐村河内氏は、「障害者手帳をとれるほどではないが、聴覚に障害がある」と主張していた。

が、私が知る限り、聴覚障害って、生まれながらのものでなく、中途失調者であっても、言語になんらかの多少の障害は出てくることが多い。例えば、耳の聞こえない人は、声の大きさなんかはうまく調整できない場合が多い。が、佐村河内氏はそういうことはないみたいだった。健常者同様にうまくおしゃべりするんだよね。ときどき、聞こえない、わからないと主張するけど、それもなんだか胡散臭く見える。

結局、佐村河内氏って、胡散臭さが身に染み付いてしまってる人なんだということがわかった。

佐村河内氏は、マンションに住んでるんだけど、その部屋がなぜか間接照明しか使ってない。妙に、ムーディーな部屋なわけ。日本の、普通の、マンションの部屋って一般的には蛍光灯の白い光でしょう。しかし、佐村河内家は、間接照明のオレンジ色の光で、なんか薄暗くて、雰囲気あるのよ。

で、佐村河内氏って、映画の中でもあのおなじみのロン毛で、かつ部屋の中なのになぜかサングラスかけてたりする。

妙に、ミュージシャンっぽいいでたちをしているというか、アーティスト風情なわけ。

で、私、しみじみ思いました。

佐村河内氏って、かたちから入るタイプで、作ったかたちの中身を作りこむ努力はしないんだなぁって。雰囲気作るのは得意なんだけど、内容は作りこめない。なんつーか、ツメが甘い人なんだ。
 
そいでもって、さらに言うと、監督の森達也も佐村河内氏と同類、似たもの同士なんだよね。森達也も、何かになろうとして、なりきれなくて、雰囲気作るのうまくて、内容作るのが苦手な人。もう、総じてFAKEなんだよ。タイトルだけなんだ、裏切りがないのは。タイトル以外はすべてFAKE! 
 
ということで、ものごとに明確な結論だとか、映画に「スカッ」とした爽快感などを求める人にはおすすめしない。そういう人は、アメリカの大味映画を見たほうがいい。けれど、ウェットな感情だとか、わりきれない人間の感情だとかに興味がある人は、見たほうがいいかもね。

 

森下くるみの生育歴に、ド底辺感が漂うことに驚く…kindle本『虫食いの家』感想、評判、あらすじ、内容 その1

森下くるみファン必読! くるくるの自伝風エッセイ『虫食いの家』がキンドルで出たぞ!

ということで、早速ダウンロードしてみた。何回かにわけて感想を書いてみたいと思う。

 

このキンドル本、森下くるみが育った家庭環境や家族のことが綴られており、おエロな話しは一切なし。ちなみに、AV時代のハナシもなし。現在の夫のことや結婚生活についても、ほぼなし。スケベ話が知りたい人にとっては1円の価値もない本だからな!

 

でも、本当のくるみファンなら買うべし…。くるみんの愛想のなさ、サービス精神の欠如なんて、おめぇら(私同様のファンの方々)、15年くらい前から知ってるだろ!!!

 

ってことで、くるみを愛するマゾ的思想のファンのみんなは、買うといいと思うよ。

 

今回は、同著を読んで感じた

とにかく、森下くるみの生育歴に、ド底辺感が漂うことに驚いた

ってことについて書くぞ。

 

以下、引用。

 

赤ん坊の頃から高校二年生、十七歳の夏まで、トタン屋根の借家に父母弟と四人で暮らしていました。

砂利道に沿って六軒ほどの借家が並んでいて、外側も内側も家と呼ぶのに気兼ねするくらいボロボロでした。

(中略)

いつまで汲み取り式便所の悪臭に耐えなくちゃいけないのだろう。

そう思うと、子供心に虚しい気持ちになりました。

(*その後、両親が離婚して役所や父方の親戚に相談して、引越しするのだが…)

役所の人がすすめてくれた物件は、四畳半の部屋が二つと居間、バランス釜の風呂、和式水洗トイレのついた古いアパートの二階。十七年住んだ腐りかけの家に比べたら、どんな部屋でも極楽でした。

 

 

 高校卒業時点まで育った家が、とにかく貧乏くさい。森下くるみの年齢から計算すると、平成に入ってからの話しのハズなのに、戦後間もなくとか、高度経済成長期のハナシのような気がしてくる。

 秋田県って、総務省統計局の国勢調査結果によると、日本で2番目に持ち家率が高い土地(県民の78.3%が持ち家に住んでいるらしい)。そのような環境において、ボロボロの借家に住んでいたくるみん。

f:id:auaiioi:20160810224324j:plain

統計局ホームページ/国勢調査からわかったこと

 

 森下くるみは、現代とは思えないような貧乏家庭で育ち、上京後、AV女優になるわけで、その物語展開って、あまりにもベタで、昨今聞くような「一流大学の学生ですが、AV出てます」みたいな、ある種の男の夢を秘めたようなモノはまったくない。

 

ひたすら、なんつーか、かんつーか悲壮感が漂うわけですが。それを感じさせないような透明感というか、「いっぱしのお嬢様感」をまとっていたのが、彼女なわけで。女って、ルックスだけでは素性なんてまったく分からないもんだよね。

 

 その他にも、ぎょっとするような底辺エピソードが織り込まれていて、読み応えがある。続きは、後日!!

 

余談だが、森下くるみの弟情報をツイッターで見つけた。ひところ、森下くるみは自分の弟のことを会社役員っていってたんだよな~。

f:id:auaiioi:20171208233344p:plain

 

 

 

AV女優って、自称アーティスト率が異常に高い気がする

このブログの読者のほとんどは、森下くるみの結婚、妊娠、出産ネタを求めてきていらっしゃるようなのですが、くるくるに関する新鮮なネタは、やっぱりご本人のブログが一番早いはず。ってなことで、「森下くるみのブログ 森下くるみの間」のリンク貼っておきます。

 

子供を産んでも特上かわいいくるみんを、みんなで応援しよう♪

blog.livedoor.jp

 

ところで、AV女優って、「シンガーソングライター」や「作家」「歌手」「現代美術」(コンテンポラリーアート系AV女優って、晶エリーくらいしかパッと、思い浮かばないが)とか、自称もしくは目指している人が異常に多い気がするんだよねぇ。

晶エリー akiraelly(大沢佑香・新井エリー)の weblog - ライブドアブログ

気のせいでしょうか。

 

AV女優がアーティストを名乗る理由を推測する。

1:AV女優は世間の価値観からずれている。そのズレを有効活用&昇華させる手段として、アート活動をすることが一番良い。

そもそも、世間の価値観に馴染んでいたら、わざわざAV女優にはならないと思うんですよ。デメリット多いし。だのに、あえてAV女優になっているような勇者型のお嬢さん方は、その考え方の特異さ、感性の豊かさを利用して芸術家を目指すのではないかと。ま、アートなら全裸になっても恥ずかしくないしね★

 

2:自己顕示欲を満たしたい。

 

女性って、「お金のために働いてます」って言うのってダサい、格好悪いって風潮があったりするんですよ。いや、女全員ってわけじゃないっすよ。一部女子は、カネのために働くわけではなくて、自己実現のためや自分をキラキラさせるために労働するんです。ですから、カネのためにAV女優になったのではなく、「AVってどんな世界なんだろうって、興味があって。セックスってアートだと思うんです」とかって理由付けをする。けっして、カネのために脱いだんじゃない、絡んでるんじゃないと言い訳を(自分に)与える。そして、そんな自分を周囲の人間にも認めてもらいたいと思う。女子にとって、アートって魔法の言葉なんっす。

 

3:AV監督を始め、AV界隈にはアーティスト崩れのスタッフが多い!?

 

ま、これは推測に過ぎないのだけれど、AV監督を含めAV業界のひとってアーティスト崩れの人が多いんじゃないかな。そいで、そういう人たちのアート論、サブカル話みたいなものを聴いているうちに、アーティストになりたい欲求を持つ素直なAV女優がいそう。基本、AV女優って押しに弱くて素直な娘っこじゃないとならないので。性格良いお嬢さんが、自分の知らないちょっとインテリ風味のアート論をAV関係者から聞かされたら、コロっとイっちゃうんじゃないかな。ま、想像ですが、想像。

 

ということで、AV女優とお近づきになりたい男子は、AV女優のやってるアート活動をとことん研究して、その芸術活動に理解を示し、褒め(注:AVの話はしなくていいと思うぞ)、さらに自分も何か作品作りを行い、そこに出てもらえるように口説けば、仲良くなれる可能性があるぞ。

 

アーティスト系AV女優へのアプローチ例:「僕、今度映画を自主制作するんで、出演してもらえませんか」とか。「僕の作ってる同人誌に、連載してもらいたいんですけど」とか。ツイッターとか使って、なんとかなんないかなぁ。ガード固いかなぁ…。

 

アート系AV女優と仲良くなるためには、とにかく、エロ方向からじゃなく、アート方向から攻めるのじゃ。どう、この作戦? ちょっと、誰か実行してみてほしいよ。あ、もちろん芸術方向の知識はちゃんと入れておいた方がいいと思います。

 

 

 

職業訓練、苦情はどこに申し出るべきか? クレーム文書の書き方と内容と結果 

職業訓練を受けているのだが、ほぼ毎回自習という状況になっている。

講師にやる気がないのか、何も教えてもらえない。

質問しても、「テキストに載っている」と言われて、教えてもらえない。

テキスト見て、勝手に自習するように指示されて、講師は自分のパソコンをカチカチやったり、スマホを眺めている。

 

ということで、クレームをつけることにした。

 

クレームは、文書にまとめた。

内容は、事実関係を具体的に日付や時間を入れて書いた。

・●月●日~●月×日までに実施された授業のうち、実際に講義が行われたのは2時間しかなく、ほかはすべて自習だった。

 

・自習中、講師は自分の作業に専念していた。

 

・質問に答えてもらえなかった。

 

以上、3点を現状報告として記し、さらに

・自習ではなく、講義を実施してほしい。

・質問に答えてほしい。

という2点を希望として書き、改善指導を入れてもらえるようにお願いした。

 

同内容のものを3通作成し、

厚生労働省

 

・県の労働局

 

・市内のハローワーク

 

の3箇所に送付した。地元のハロワだけでは、動きが鈍そうだと思い、厚生労働省や労働局にも手紙を送った。独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構にクレームを送るのもひとつの方法だと思う。

www.jeed.or.jp

上記手紙を、ポストに投函した翌日の授業中、急に監査の人が2人やってきた(たぶん、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の職員)。

 

いきなり「皆さんから意見を聞きます」と言い出し、生徒1人ずつ廊下に呼ばれて「授業は自習が多かったか?」「講師は質問に答えているか?」など聞かれた。

 

そして、監査の人々は「皆さんの意見は、匿名でこの学校に伝えます」と言って帰っていった。